活動

» プナム基金について

プナム基金とは

プナム基金とは、ラプラック村の才能はあるが教育機会に恵まれない女児を対象にその学業資金を支援する基金です。

地震で壊滅的な被害をうけ、未だ再建途上にあるラプラック村です。
復興にはさまざまなアプローチがありますが、長期的視点からこどもたちの教育を支援することにしました。
学業支援でも特に、女児を対象にしています。これは、女性は勉強しなくてもいいという、古い日本のような社会的な認識がネパールにはあり、この映画の主人公であるプナムのように、才能がありながら質のいい教育機会に恵まれない女の子がたくさんいます。
ネパールの女性の人身売買が大きな社会問題になっていますが、その根っこにはこうした考え方も影響しています。
プナム基金は教育という支援を通して被害を未然に防ぐことも考慮しています。

お父さんの手写真
現在は地震で家族を失ったり、家をなくした家庭の女児を中心に支援しています。ちなみにその第1号がプナム。
5年間の私学費用をだしており、他にも現在、5人のこどもたちが支援を受けています。
この映画が多くの人たち目に触れることにより、ラプラック村だけではなく、もっと広範な地域で活動を広げることを目指しています。

代表の石川が毎年現地を訪れ、映像や写真を通してSNSで現状を伝えます。

第1回は2016年10月に行われました。

プナム基金振込先について

プナム基金の受け入れ先はラプラックを救う会(代表石川梵)です。

振込先

振込先:ラプラックを救う会
1 ゆうちょ銀行同士の振込み 10110 18404881
2 他銀行からの振込み 店名0一八(ゼロイチハチ) 店番 018(ゼロイチハチ) 普通 口座番号1840488

経過報告 2016年度

2016年10月に以下の方々から計251,000円の募金がありました。(振込順、漢字仮名は振込名義通り)
1,フェニックス奨学金 2,ササキトオル 3,タニグチヒロコ 4,ナカムラヒロ 5,寺下武 6,タカハシマリカ 7,込山武二 8.マツザキミキコ 9,ヤマモトサチエ 10,アツミアキラ その募金はプナムをはじめとして全額現地の5人の子どもの学業支援金として手渡しました。 特にプナムには5年間の学費をまとめえて保護者に渡しています。なおカキギミヤコさんから日本出発後入金がありましたが、間に合わず2017年度分に充当しました

経過報告 2017年度

2017年度のプナム基金の総額は、映画の公開もあり、2017年10月20日現在、1,936,228円となっています。
9月にアシュバドル家の長男、ジルバドルへ、これまでの支援に加え、短大進学費用を負担しました
ジルバドルは現在、カトマンズの大学に通っています。ジルバドルには2年間で学費と生活費補助を継続して支援する予定です

ラプラックを救う会では、2017年10月28日からのラプラック訪問でさらにヤムクマリの娘、プリヤと息子のテクラジの支援をはじめました。 これで合計7人の子供たちの支援を行うとともに、ジルバドルの学費とカトマンズの生活費のさらに半年分を渡しました。

合わせて新品のダウンジャケット20着をカトマンズで購入、寒さが骨身に染みるであろう老人たちを中心に配りました。
他にもバドミンセット20組と羽根を現地の学校へ寄贈しました。バドミントンはバレーボールと並んでラプラックでは盛んです。
支援の詳細は劇場公開が全て終わった段階でお知らせする予定です

2017年度の個人支援者、それに準ずるかたを記載します。こちらに記載されているのは銀行振込の方のみです。振込のお名前をそのまま記載させていただきました。募金箱による募金もこの他多数あります。掲載を希望されない方はlamafa@me.comまでメールをください。
(日付順) カキギミヤコ 島本美由喜 近藤加奈子  サカモトトモノリ  岡田栄子    カンノアキコ 
オビナタアキコ  イケダヨシエ 林邦彦  ヤマトカズヨ  橋川篤子  タナダトモコ  坂本鏡子 
坂本章裕 ヤマノウチミカ  上野山順子  上原大  菅原荘治  タミヤコウセイ  黒江朋子  イタヤタカヨシ  本名貴光
トミオカミキ  山本セイラ  増澤愛子  斎藤友子  ヤマノウチミカ 西野誠  小川祥子  佐久間恵理子  
ホリキタエリ  ネモトイクミ  モロオカユミ  堀川奈浦子  モーションシティ  イズモトシユキ 鈴木栄子